AirDroid +wifi でスマフォとPCを無線で接続

皆さんは手持ちのアンドロイドスマートフォンのデータの整理や管理はどうやっているだろうか。
スマートフォンは便利だけれども、いかんせんPCに比べると画面も狭いし、入力の手段も貧弱だ。処理も遅い。
あくまでもIT活動のサブウェポンとしての位置にあると思う。

まあ今後、もっともっと技術が発達して、画面を壁に照射して見れるようになったり、
レーザーで投影したキーボードで入力ができるようになると、この状況も変わって行くのかなと思うけど。

とりあえず、現状においては、スマートフォンのデータの管理はPCで行う事が最も効率的な手段でないかなと筆者は思っている。

ということで、データ管理の方法、いろんなソフトや手段があると思うけれども、今日はひとつ、おすすめの方法をご提案したい。

 

AirDroid:概要

その手段というのが、このAirDroidいうアプリケーションを用いるという事。
ソフトに同梱されているスライドショーの画像を引用してみる。

slide1

slide2

slide3

slide4

slide5

ざっとまとめてしまうと、こいつはつまり、自分が所属するLAN上でスマートフォンをコントロールするサーバーを立てて、
そのクライアントソフトウェアとしてブラウザを用いて、それを通してのスマフォの管理を行う事ができるアプリケーションなのである。
ちょっと複雑な物言いになってしまって申し訳ない。
まあ言葉にするとちんぷんかんぷんだけど、実際の使用においては誰だって簡単に扱えるようになっている。

AirDroid:使い方~ログイン

では早速、使い方の説明を。
AirDroid自体のダウンロードとインストールはいつもの通り、「Playストア」にておこなっていただきたい。
“AirDroid”のキーワードで検索すれば一番上に表示される。
インストールが終わったら起動してみよう。
初回起動時には上にあるスライドショーの画像が表示される。

それを見終わるかスキップすると以下の様な画面が表示される。

ステップ1:URLを開く とあるが、これは同じLAN内にあるPCならどこからでもOKだ。
出来るだけ新しいバージョンのブラウザを搭載したPCのアドレス欄に、記載されているアドレスを入力しよう。
文字の方でも数字の方でもOK。

スマートフォンも、それをコントロールする予定のPCも同じLAN内にあれば、以下の様な画面がブラウザに表示される。

ちなみに日本語表示がなされていない人は画像下部の「言語(Language)」という部分をクリックする事で自分の理解にあった言語を選んでもらいたい。

さてここで、一つ前の画像のパスワードを使ってログインしてみよう。
ブラウザ右にでっかく貼ってあるQRコードの下のテキスト欄にパスワード(この例の場合7VKL9A)を入力してログインボタンをクリックしよう。
もしくはパスワードの書いてある欄の左部分にあるカメラの絵をクリックする事で自動的にスマフォのQRコードリーダーが立ち上がるので
そのQRコードリーダーでブラウザ上のQRコードを読みこませる事でもログインできる仕様。
変な所に気遣いのあるソフトである。

AirDroid:できる事

AirDroidではブラウザ上からスマートフォンの写真の整理や、写真のPCへの転送(複数枚の写真を一括転送する際はZIP圧縮されてダウンロードが始まる!)
着信音の選定や、ファイルの管理などなど。実にさまざまな事が可能になっている。
ブラウザ上の表示も、いかにもバーチャルデスクトップな感じで、とても良くできている。
ブラウザでできる事の可能性を強く感じさせる出来になっている。

ブラウザとスマートフォンはここまで密に連携できるのかという感動。

例えば、ブラウザ上でウィンドウシステムはほぼ完璧に再現されており、スマフォ内の音楽の再生や、動画の再生も可能になっている。
(サポートされていない形式の場合は再生されないけれども)

これはまあ余談だが、実は技術的にとても興味深い部分だ。
これらのコードをリアルタイムに生成して表示、通信を可能にしているこの「SAND STUDIO」という開発元の技術力の高さには感心させられる。

ソフトウェアの内容も、ユーザーインターフェースにおいても非常に高品質な本ソフトウェアとその開発者は、今後とも要チェック。





Permalink Posted: 5月 8th, 2012 | Category: おすすめアプリ |
Tags: , , , , , , , , |